ためらいの日々
ブログの訪問者数が1万人を突破しました。
ありがとうございます。
そして、たくさん訪問していただいているのに、あんまり更新できずにすみません。

仕事上、mixiに登録することになり、でも使いこなせず悪戦苦闘。
取材や撮影や出張も重なって忙しかったし。
ははは・・・すべていいわけですね。

でも、そんなことより、
ブログに書いたことで傷ついた方がいらして、ちょっと反省したり、
「ブログを見たよ」と言われ、ネットの世界の自分が現実に引きずり出されたようではずかしかったり、
そんなこともあって、なかなか書けずにいました。

ここで書いてきたことは、すべて私が思うことで、うそではない。
でも、小さなことを大げさに書いたりはしたかも。
なぜなら、自分の思いを発散したり、整理したり、消化したり、納得させたりする場であるから。
そして、これを書くことで、自分と同じように思っている人が、「わかるわかる」とうなづいてもらえればいいな、なんて思いながら書いている。

新しい媒体は、「形のないものだから楽しい」と一緒に仕事する人が言っていた。
でも、形のないものほど、怖いものはない。
方向性を自ら導き出さなければならない。
自分の力量で作れるカタチ
自分が作りたいカタチ
経営者が求めるカタチ
営業が求めるカタチ
地域が求めるカタチ
読者が求めるカタチ
すべてを総合して判断して、編集者が道を切り開いていかなければならない。
自分が正しいのか、何を信じていいのか、何を見失っちゃいけないのか
迷うし、ためらう。
編集者同士で、同じ戦友同士でぶつかりも合う。
葛藤が自分の中で抑えられずに、周囲にまでストレスを与えてしまう。
「いつまでやるの?」
「何がしたい?」
「どうする?」
そうした投げかけに、不用意な自分の一言がきっかけで、さまざまなことに大きく作用するのが怖い。そして、だんだん無口になる。
気づくと、みんながみんな疲れている。
自分が力が足りないから、こんな雰囲気になってしまったのだろうか?
自分もすごく嫌味な雰囲気を発している。
このままじゃ、いけない気がする。
自分に何ができるんだろう。
自分は何をすべきなんだろう。
答えが見つからない。

友人も助けたい。
でも、どんな手を差し伸べたらいいのかわからない。

まず、小さなことから喜んでみよう。
カタチになる喜びこそ、編集者の醍醐味だから。
[PR]
by y.asd_xxx | 2005-03-29 01:59 | とにかく走ってます!