再就職でお金をもらう方法
失業保険の申請をしていたが、就職が決まったので「早期再就職支援金」と「再就職手当て」の申請に行った。

・派遣会社に書いてもらった「採用証明書」
・「雇用保険受給資格者証」
・「失業認定申告書」
の3枚を提出。

待つこと1時間、窓口に座って30分。

「早期再就職支援金」は、失業中にアルバイトをした日にち分だけ支給されることになった。
しかも、すぐに(来週の水曜には)支払われるらしい。やった。
財団法人高年齢者雇用開発協会の会長さんとやらの印鑑のついた
早期再就職支援金支給決定通知書たるものを手渡された。
これが、「お金出すこと決まったよ」という証明らしい。

しかし、「再就職手当て」はまだまだ先が長い。
書類を5枚ほど手渡され、作成してこなきゃいけないらしい。
なおかつ就職してから1ヶ月以内(私の場合、6月17日まで)にすべての書類を準備し、提出しないと申請はできない。
派遣会社に書いてもらうものが、
・「再就職手当支給申請書」
・「再就職手当て支給に係る調査書」
・「派遣就業証明書」の3通。
その他に、
・初出勤日のタイムカードのコピー
を準備。
・「雇用保険受給資格者証」
の合わせて、5通をすべて揃えるのだ。

なんでこんなに書類があるのかというと、「再就職手当て」は、支給される額も多く、ハードルも高いのである。
主なチェックポイントだけ紹介しよう。

・過去3年以内に、「再就職支援手当て」をもらっていないか
・親族企業や前の会社に密接した関係の企業への就職じゃないか
・安定した就職であるかどうか

なおかつ、その職員の話によると、審査には2ヶ月もかかるとのこと。

まあ、ただでお金もらうんだから文句言えないけど、楽じゃないね。
[PR]
by y.asd_xxx | 2004-06-03 09:33 | 日記