お世話になったデザイナーさんとの再会
その日に回る代理店さんは、たまたま
以前、働いていた会社で一緒にお仕事していたデザイナーさんの事務所の近くだった。
転職後のご挨拶がてら、連絡してみると、快く会っていただけるとのこと。
代理店さんとの打ち合わせを終え、11時半ころその事務所に向かった。

かつて一緒にお仕事したデザイナーさんは、笑顔で迎えてくれた。
この方には、本当に、無理難題をいつもお願いして、いっぱいいっぱい助けてもらった。
そして、いい作品をいっぱい一緒に作っていただいていた。
一週間、通いつめて、時間のない中、作ったものもあった。
いっぱいアイデアもらったのに、私の力不足で、活かせなかったものもあった。
本当に、たくさん教わったデザイナーさんなのだ。

今の職場で、私の担当は1つの媒体だけなので、
デザイナーさんに発注することは少なく、
なおかつお付き合いの長い、固定のデザイナーさんがいらっしゃるので、
私がお世話になったデザイナーさんにお仕事をお願いすることは、皆無に近い。
でも、これからどこでどんな仕事をするかわからないし、
そのうち、一緒にお仕事できるチャンスがあるかもしれない。
そんなチャンスがあれば、ぜひ一緒にお仕事したいから、会いに来たのだ。

「今、ここにいるんです」と名刺を差し出し、できたばかりの媒体を見せた。
デザイナーさんは、「へ~」と言いながら、媒体をペラペラめくり、うれしいほどじっくりその中身を見てくれた。
私が「ほら、ここに私の名前も入ってるでしょ」と奥付を示すと、
デザイナーさんは、「えっ、これを作ってるの?大変じゃん」と。
名刺を見て、編集じゃないところで働いていると勘違いしていたようだった。
私が編集を担当したというと、さらにじっくり見てくれ、「これ、もらってもいいですか?」と。
うれしかった。
私は「もちろん!そのつもりで持ってきたんですから。ぜひ皆さんで使ってください」と言った。
すると、「そうだよな。使ってもらわなきゃだめなんだよな。でも、おもしろそうだね」と。
私はこう答えた。「ええ、これまで硬い分野が多かったので、今の現場は楽しいですよ」

私が突然、前の会社を辞めた理由についてきちんとお話し、今も元気でやっていますということを話していると、デザイナーさんはふむふむと聞いてくれた。そして、他愛もない話を続けながら、お昼をおごっていただき、またお会いすることを約束した。

今の自分が、こうしていられることに感謝し、
そしてこれからの自分を支えていくためにも、大切な人との関わりを、私は大切にしていきたいと思った。
[PR]
by y.asd_xxx | 2004-07-26 02:35 | ふと思うこと