カテゴリ:つれづれ( 2 )
障害者をテーマにした番組
明け方、テレビをつけっぱなしにしていたら、「あなたと日テレ」という番組が始まった。初めて見たが、日本テレビの番組に対する視聴者からの意見・苦情に応えようという番組だった。

今日は、自閉症児を抱えた家族の物語「光とともに」と、全盲の女の子が持つパーフェクトピッチという能力からピアノ学校の相続争いに巻き込まれてしまう物語「仔犬のワルツ」だ。両番組のプロデューサーも出席し、次のように説明する。

◆「光とともに」

自閉症という病気自体にまだ理解がなく、とかく親がしつけがなっていないと攻められている状況がある。だからこそ、このドラマを通じて、自閉症と言う障害を理解してもらいたいという気持ちで番組を作っている。
制作にあたっては、自閉症の専門医にまず脚本を見ていただき、制作現場においても療法士にチェックしていただき、できるだけ誠実に作っている。しかし、自閉症の症状はさまざまで、主人公の光くんが全ての自閉症を表しているわけではないのでご理解いただきたい。

◆「仔犬のワルツ」

主人公の安部なつみは、全盲の少女を演じるにあたって、撮影前、実際に目の見えない同年代の女の子と何回か話をし、その感覚などについて聞いている。この物語の主人公は、目が見えないという障害を持っているが、パーフェクトピッチという一度聞いたら音を理解できるというすばらしい能力を持っている。この物語のように、障害を持った方の中には、別のすばらしい能力を持っているということは実際にあることで、そういう意味ではリアルなドラマだと思っている。

各局、障害者をテーマにした番組が明らかに増えていると思う。

◆フジ「愛し君へ」…さだまさし原作の「解夏」のドラマ化。主人公が徐々に目が見えなくなる物語

◆TBS「オレンジデイズ」…聴覚障害の女の子を中心とした学園物語

>>>先週放送の「オレンジデイズ」にクレーム

主人公の萩尾沙絵は、将来バイオリニストを約束されていたが、4年前、聴覚を失い、心を閉ざしているという設定だ。

 クレーム1 彼女が友人・茜の就職を期に、大学の就職部を訪れると、
       一言「あなた大変ね~」と言われるシーン

そんなこと言われるというのは信じがたい!というか、それが全部の大学就職部の現状と受け取られると困る!
私は、以前まで障害者の就職情報誌を作っていた。その就職情報誌は十年以上の歴史があり、ほとんどの大学、短大、養護学校等に配布されている。別の部署の担当者が大学訪問もしてたし、私自身も取材に行った。たしかに私が取材に行ったのは、規模の大きな有名大学が多かったが、普通はまず障害者雇用の制度の説明するだろう。
聴覚障害者の就職は確かに厳しいが、働いている人はたくさんいる。
私が取材した企業の中には、社内で手話講座を開講して、手話を理解しようとしている企業もある。
人事でも手話ができる方や、面接まで手話でしてくれるところもある。
人事担当者自身が聴覚障害の方も数人知っている。
社内のやりとりはメールがほとんどだから心配ないと人事に言われ、実際、活躍している人もいる。
そういう現場やそういう人たちに、失礼だと思う。

沙絵が「私って障害者だったんだ」というシーンは、そうだよなと思った。
どんなに自分は障害者と思っていなくても、障害者って突きつけられると言うか、そういう枠組みに割り当てられてしまう瞬間だよな。
私も「自分が障害者と思ったことはほとんどない」と言っていた人にたくさん会った。
めがねをかけている人は世の中にいっぱいいるのに、何級って等級をつけられた人だけ「障害者」と言われるのは

 クレーム2 みんなで小旅行に行き、主人公沙絵が恋をしそうな男友達・結城 櫂に
       この小旅行は「あたしのため?」「同情?」と聞くシーン

何か特別なことをするたびに、自分のためにしているのか?とか同情か?なんて言われたら、正直言って、周りのものはうざくてしょうがないだろう。設定では耳が聞こえなくなって4年とまだ時間が短いし(障害を受け入れるには、人それぞれかかる時間には個人差があるだろうが)、不安になるのはわかるし、そう思ってしまう人もいるだろう。しかし、すべての障害者が常にそういう不安でいっぱいであるわけじゃないし、何より、障害者は悲劇のヒロインになっているというドラマの設定が気に入らない。
障害はあるけど、だから何?くらいあっけらかんとしてる人もいる。
友達を作ること、友達のことを理解しようとすること、友達と楽しい時間を送りたいと思うことに、障害があることなんて関係ないじゃないですか。当たり前のことじゃないですか。
確かに、友達を作ることに、友達を仲良くなることに不安を抱えている障害者は、「そんなことないよ」という友人の言葉にジーンとくるかもしれない。でも、ほとんどの視聴者は健常者で、「あっ、障害者って常にこういう不安を抱えて生活しているんだ」と思わせてしまうことがよくないのではないかと異議を唱えたい。障害者との接し方に戸惑いを抱く人がますます増えるんじゃないかということが心配だ。

先に述べた「光とともに」のプロデューサーは、自閉症を理解してもらうために番組を制作していると言っていた。
「オレンジデイズ」も聴覚障害者を理解してもらうため、と思って制作しているのであれば、もう少し考えるべきだと思う。
[PR]
by y.asd_xxx | 2004-05-16 08:26 | つれづれ
編集者にとって、派遣という働き方
一昔前といっても二年前だが、
ひとたび派遣会社に登録すれば、紹介の電話がひっきりなしで、
うんざりするほどだったのに、時代はすっかり変わっていた。

今や完全な買い手市場。
派遣会社に登録しても、その意味は単なるデータベースに入るだけ。
仕事は自分から探してその派遣会社に紹介してもらうような状態がほとんど。
おかげで、マスコミ系に強いところから、
小さなところまで登録する羽目に。

ここでなぜ私が派遣会社を利用するのか説明しておきたい。

編集の仕事は、専門職。
しかし、時間も不規則なら収入も仕事のわりに高くはない。
一度、社員になったらぼろ雑巾のように働かされる。
でも、そこまで打ち込める仕事であり、媒体からこそ、続くのだ。
 その媒体を育てたい。
 この仕事は好きだし、自分が成長できる。
 一緒に同じ目標でがんばる仲間がいる。
 この媒体が発信する情報で、社会を変えたい。
そうしたモチベーションこそが、原動力になっているのだと私は思う。

しかし、どの仕事でも同じことだが、
組織の中で、自分の抱いているモチベーションが維持できなくなることがある。
「……納得いかない」
「何のためにここまでやってるの」
そう感じ始めたら、モチベーションは一気に減少の一途をたどる。
目標を失い、自分がやっていることの意味を見失う。

そこで、スキルや目標にあわせて、
仕事内容と給料が派遣会社を通してきちんと交渉できる派遣というシステムは、
1つの手段として私はありだと思う。

会社員と異なり、雑用までやらされることはNO!と言えるし、
それが評価にひびいたりもしない。
そして何よりさまざまな媒体に出会えるチャンスがある。

最近は、雑誌も減っているし、編集部も外注化の傾向にある。
賃貸住宅ニュース社も大幅な人員削減で、社員は1編集部1人か2人。
後は派遣社員で回しているという。
役所系の媒体も、お役人は出すことしか考えていない。
てこ入れする余地がある媒体はごろごろある。
現に、私も2年前派遣の身で、連載を立ち上げ、執筆も自分でやったし、
巻頭特集も取材からすべてやった。
編集仲間のなかには、派遣ながら編集長になっている人も。

ほら、なかなか捨てたモンじゃないでしょう。

-----------------------------------------------------------------------
●ここで編集者を目指す方のために代表的な派遣会社を挙げてみよう。

[日経スタッフ]
日本経済新聞社母体の派遣会社。
校正など比較的地味で単調な仕事が多く、給料も高い仕事はあまりない。

[あとらす21]
もともとDTPを日本に導入した会社だけあって、マスコミ系に強い派遣会社。
しかも大手が多く、給料も比較的高い。
むろん、初回のヒアリングもかなり細かく、校正の経験ひとつとっても、
付け合せ校正、カンプ校正、色校正、英文構成など20項目くらいある。

[アデコ]
世界最大の人材総合派遣サービスと謳っているくらいなので、仕事の数が多く、
編集関連の仕事もある。
しかし、アデコとキャリアスタッフが合併したり、社名をまたアデコにしたりと
組織が追いついていないのか、サービスが低下ぎみ。

[スタッフサービス]
仕事は多いし給料は高い。しかしサービス評価はどこでも低い。
しかし、編集の仕事もなくはない。

[テンプスタッフクリエイティブ]
テンプスタッフの子会社で、編集の仕事はテンプスタッフよりもある。
しかし、まだまだできたての小さいな会社のため、仕事はさほど多くない。

-----------------------------------------------------------------------
[PR]
by y.asd_xxx | 2004-05-06 02:24 | つれづれ